第42回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム in 佐賀

開催日:2018年8月29日〜8月31日

会場:ホテル龍登園(佐賀市)

特別講演

「タンパク質の発現と機能に関する研究を振り返って」

  中村 修   (産業技術総合研究所 中国センター)


「Keap1-Nrf2制御系の構造生物学的アプローチと病態」

  山本 雅之  (東北大学大学院医学系研究科)


生化学:温故知新

「生化学研究回顧録」

山崎 信行  (九州大学名誉教授)


招待講演

「細胞膜構造形成における脂質の役割」

  池ノ内 順一 (九州大学大学院システム生命科学府)


「皮膚バリア脂質アシルセラミドの合成経路と魚鱗癬病態の分子機構の解明」

  木原 章雄  (北海道大学大学院薬学研究院)


「ミトコンドリアとグラム陰性外膜におけるタンパク質輸送」

  塩田 拓也  (宮崎大学テニュアトラック推進機構)


「ヒト遺伝性合成不全疾患とKOマウスから捉え直すセリン合成の必須性と高次生体機能制御」

  古屋 茂樹  (九州大学大学院農学研究院)


「クライオ電顕で「見る」超分子複合体の立体構造」(仮)

  真柳 浩太  (九州大学生体防御医学研究所)


「アクセル/ブレーキによる血管転写と恒常性維持システム」

  南 敬    (熊本大学生命資源研究支援センター)


「組換えタンパク質によるサブユニットワクチン開発基盤の構築」

  宮田  健     (鹿児島大学農学部)


                                            <お問い合わせ先>

                                            九州シンポジウム世話人代表 

                    光武 進 (佐賀大学農学部)

                     Tel: 0952 (28) 8706

                     E-mail: susumumi@cc.saga-u.ac.jp